NTTのルーター交換記(RT-200KI)

 事務所兼用の自宅では、2006年からフレッツ光を契約している。
ルーターは、NTTのレンタル品のRT-200KI、12年ものだった。
NTTのルーターRT-200KI
接続は、本体に電話2台、パソコン1台、カスケードに、Wifiのルーターを繋げ、Wifiでパソコン、スマホ2台、タブレット、テレビを繋げている。

 ここ数ヶ月、時々、パソコンの立ち上がりでインターネットに接続されない、ルーターの電源リセットでしか解決できない、という現象が起きていた。
今までも、「インターネットに繋がらなくなったので、何とかして欲しい」というお客様からのSOSも多く、訪問し、いろいろ確認した上で、まず実施してみる方法ではある。
まあ、たまになら、あることだろうと思っていたのだが、ここに来て頻発するようになった。

 いちいち電源リセットするのも面倒だし、引越しの見積もりメールなどもあり、ある日突然全く接続できなくなるのも、仕事上問題なので、NTTに故障交換を願い出ることにした。
検索をすると、同じような状況の方がいて、割とスムーズに交換できたようだった。

 たまたま、そうしようと思っていたところに、しょっちゅうかかってくる、「電話代が安くなります」[NTTの代理店です」という押しの強い電話がかかってきた。
そこで、相手の言うことは聞かず、NTTの代理店でしょ、みたいな感じで、状況を話し、どこに連絡したらいいかを聞いたらところ、気を削がれたのか、トーンがかなり落ちて、「ここに電話してください」と言われたので、そこに電話。
ところが、ここで自動音声で誘導されたオペレーターからは、さんざ状況を確認された上で、ここでは受けられないので、別の電話に・・・みたいな対応で、新たな電話を教えられた。
そこでまた、自動音声で誘導され、また同じような確認を受け、状況説明し、交換して欲しい旨を伝える。
回線の状況を確認するとのことで、30分ほど折り返しの電話が来るのを待ち、「光回線の状況は、正常でしたので、ルーターの故障のようなので交換します」とのことで、無事交換できるようになった。

 送ってもらうだけなら無料だが、出張作業込みでは、1万円弱の料金がかかる。
そんな大変な設定はなかったはずだ、と思い、送ってもらうだけにした。
念のため、久々に、200KIの中身の設定を見てみる。
たしか、192.168.1.1でadminで入れたかな?と思い出し、確認。
各設定を見ると、やたら覚えのない設定がある!と思ったものの、たしか基本部分設定以外は、デフォルトの設定がほとんどだっただろう、ということで後は到着を待つことにした。

 金曜日の夕方近くに連絡したのだが、土曜日の午前中には、もう交換するルーターがヤマト便で届いていた。早い・・・。
今度のルーターは、金色のトサカのない、黒のRT-400KI「2」。300番台が来るのかな、と思っていたら、400だった。
NTTのルーターRTー400KI
設定としては、プロバイダーの接続情報と、ちょっとした電話番号ごとの設定だけだったので、悩んでも、15分くらいで終わった。
プロバイダーの情報は、大事に保管しておいた、12年前にもらったIDやパスワードの書類からである。

 故障していたRT-200KIは同梱されていた返送用の袋、伝票でセブンイレブンから返送して終了。

 インターネットに接続できた直後は、なんとなく、ブラウザで開くスピードが早くなったような気はしたが、妻に確認したら、あまり変わらない、とのことだった。
また、接続状況については、その後、数日間何も問題ないので、ストレスがない。

以上、大したことではないが、10年位のスパンで起こるようなことで、「どうだったっけ?」と言うことになると思うので、参考までにルーター交換記でした。